モットンマットレス/マットレス選びの基本となる4つのポイント

最近は、モットンのマットレスなどが人気を集めていますが、いざマットレスを選ぼうと思うと難しいものです。

マットレスは、睡眠の質を高めるためには重要で、自分にあっていないと寝苦しく感じますし、下手すると身体を痛めたりします。

マットレス選びの基本となるポイント4つ

硬さ

まず1つ目は硬さは自分に合ったものを選ぶことです。

マットレスの種類によって硬さは色々あり、自分に合った硬さではないと首や腰を痛める場合があります。

「柔らかいのならば痛めることがないのでは?」と言う人がいますが、柔らかいからと言って痛めないわけではありません。

むしろ柔らかすぎても身体に負担をかけてしまうので、硬さは適切なものを選ばなくてはいけないのです。

硬さはどういった基準で選べば良いのかというと、まず寝返りが打ちやすいかです。

寝返りが上手く打てないと体の節々を痛める可能性があります。また、疲れが中々取れないなどのデメリットもあるため寝返りが自然に出来るのかは重要なポイントです。

マットを選ぶ時に、試しに横になることができるのであれば、寝返りが打ちやすいかどうか確かめてみるとよいでしょう。

硬さに関しては、寝返りが打ちやすいか体圧分布が良いかどうか寝ていて圧迫感を感じないかどうかなども確かめると、よいものを選ぶことができます。

人によって適切な硬さは違うため、初めて購入しようと考えているマットレスは、いきなりインターネット等で購入するのではなく、まずお店に行って一度寝心地を確かめることをおすすめします。

弾力性

2つ目は弾力性がしっかりあるものを選ぶことです。

マットレスの上に寝た時に身体が沈みますよね。その時に起きる弾力性が十分にあるかないかで睡眠の質が違ってきます。

弾力性があると寝返りが打ちやすくなりますし、他にも寝ているときの楽な姿勢が崩れないというメリットもあります。

なお、弾力性は素材によって大きく変わってきます。弾力性も人によってベストなものが変わってくるため一度購入する前にお店で試してみるとよいでしょう。

厚み

3つ目はマットレスの厚みを自分に合ったものにすることです。

厚みも硬さと同様、種類によってたくさんあります。ただ、厚みはどういう基準で選べばいいのか難しいですよね。

そこでポイントとして、床の上に置く場合、厚みは最低でも8cm以上あるものを選ぶことをおすすめします。

個人的な感想かもしれませんが、以前、厚みが8cm以下のマットレスを床に直接敷いて使ってましたが、正直、すごく寝づらかったですし、腰や肩などを痛める可能性も高いと思います。

ベッドの上に軽く敷きたいという場合はそれ以下のもので十分ですが、床の上に置く場合は8cm以上のものを選ぶようにしましょう。

通気性

4つ目は通気性が良いものを選ぶことです。

日本は特に、夏は暑くて冬は寒い気温の変化が激しい国です。冬は別段気にしなくてもいいのですが、夏の時期に通気性が悪いもので寝ていると暑さで寝苦しくなります。これでは良い睡眠をとることなんて出来ません。

なので出来る限り通気性が良いものを選ぶようにして下さい。お勧めなのはスプリングマットレスと呼ばれるもの。通気性が良いので寝ていても寝苦しいと感じにくいです。

まとめ

以上の4つが私が考えるマットレス選びの基本です。とにかく大事なのは自分に合ったものを選ぶこと。

そのためには、購入する前に、どこかお店で試しに寝てみることが好ましいです。

いくら評価が高い商品だとしても自分に合っているものとは限りません。

自分に合っていないマットレスで寝ることは、身体を痛めるなどの恐れがあるので、きちんと自分に合ったものを選んで、良い睡眠をとれるようにしましょう。