安眠に役立つアロマについて

ストレス解消や疲労回復やダイエットや美肌や痛みの緩和や食欲増進や集中力アップや消臭や防虫など、アロマに期待できる効果は様々ですが、安眠もその一つ。

アロマの良い香りに癒されると副交感神経が優位になり、スムーズな睡眠導入を実現させることが出来るというものです。

今回は睡眠に関するアロマについて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

まずアロマ選びの基本としては、それぞれの香りの特徴や効能を正しく理解して、自分の悩みに寄り添ってくれそうなものをピックアップすることが重要です。

様々な香りが存在しますが、全ての香りが安眠に直結するわけではありません。

香りの中には刺激が強くて脳を活性化させるタイプのものもあります。

そのような香りを用いると、逆に目が覚めてしまい眠れなくなってしまいますので、気をつける必要があります。

副交感神経を優位にさせて心身ともにリラックス状態に導く効果が期待できるのが、ラベンダーカモミールです。

安眠のアロマとしては定番の香りであり、ハーブ系の華やかで落ち着く香りに癒されます。

また、フローラル系の香りで安眠効果が期待できるものと言えば、イランイランゼラニウムなどです。

重厚感がある官能的な香りで、睡眠導入をスムーズにさせてくれます。

フローラル系の重さが苦手な場合は、ベルガモットマンダリンオレンジなどのフレッシュな柑橘系の香りを選ぶのが良いでしょう。

気分が落ち込んでいたり不安感や緊張感やストレスを感じていたりするときに最適な香りで、穏やかな精神状態に導いてくれます。

以上、定番の安眠アロマを紹介しました。色々な香りを試してみて、自分にぴったり合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

なお、アロマの使い方としては、アロマディフューザーを使って香りを拡散させるというのが一般的な使い方ですが、ディフューザーが無い場合は、マグカップにお湯を注いで、その中に数滴垂らして湯気で香りを楽しむこともできます。

また、ティッシュやタオルやハンカチなどに馴染ませて枕元に置いておくという使い方でもOKです。

自分にあった方法で試してみてください。