トリプトファンとは?その作用や期待できる効果、なぜトリプトファンは睡眠の悩みに効果的と言われているのか?

トリプトファンというのは、人間に必要な9つのアミノ酸のうちの1つで、多くの悩みを改善する効果が期待できるとされています。

食欲のコントロールや、心を平穏に保つ働き、消化を助ける働き、そして、睡眠の質を高めるために大切な寝付きや目覚めを良くする働きがあります。

これらの効果が期待できる理由は、トリプトファンを摂取することで、幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンの分泌を促すからだということがわかっています。

とくに睡眠に対して大きな改善が期待できると言われている要因の1つに、このセロトニンの分泌が大きく関わっています。

幸せホルモン「セロトニン」とは?

セロトニンというのは、神経伝達物質の1つで、脳内で働くことで精神を安定させることができるので、気分をコントロールしたり、感情をコントロールしたりするために欠かせないホルモン物質です。

このセロトニンが不足してしまうと、精神に影響を与え、ストレスを感じ、眠れないということが起こったり、うつなどの症状を引き起こしやすくなります。

また、ストレスを抱えた状態が続くと、眠れないことが常習化し、睡眠障害を引き起こし、さまざまな悪い症状を体にもたらしはじめます。

たとえば、便秘になったり、消化不良を起こして胃がムカムカしたり、体温の調整がうまくいかなくなったりという症状が起こりやすいため、体の不調に大きく関わっているといわれています。

この幸せホルモンであるセロトニンは、健康な生活に欠かせないホルモン物質であるにも関わらず、ストレス社会と言われている現代社会においては、非常に減少しやすいとして問題視されています。

仕事では残業が多かったり、私生活ではsnsによるストレスや、家族の問題、人間関係のストレスなど、あらゆる問題が原因となって、セロトニンの分泌料は減少していまいます。

そこで注目され始めたのが、セロトニンの分泌を促し、睡眠の質を上げ、睡眠障害を改善することが期待できるとされているトリプトファンなのです。

トリプトファンはどうやったら摂取できるのか?

幸せホルモンであるセロトニンを分泌させるために重要な働きをするトリプトファンですが、実は体内で作り出すことができません。

そのため、食事から摂取する必要があります。ただ、問題になるのが、トリプトファンの必要摂取量です。

一般的に摂取を推奨されている量は、1日300mgから600mgなのですが、この量を摂取するためには、1杯200gの牛乳で3.6から7.3杯も必要です。

たまにならなんとか飲める量かもしれませんが、毎日これだけの量の牛乳を飲むのは簡単ではありません。

では、ほかの食べ物で摂取するにはどれぐらい必要かというと、バナナなら27本から54本、うどんの場合だと、1.5玉から3玉も必要なのです。こんなに食べないといけないなら、他のものは食べられませんよね。

忙しい毎日の中で、食事から効率的に摂取できない場合は、サプリメントなどを上手に取り入れてみてください。

トリプトファンを多く含む食材

1日に必要なトリプトファンを、毎日の食事から摂取し続けるのは簡単なことではありませんが、できるだけ自然に摂取するために、とくに多くのトリプトファンを含んでいる食材を食べるようにしてみてください。

カツオやマグロの赤身、ハマチなどの魚類や、脂身の少ないお肉の赤身、牛のレバー、豚のレバー、鳥のレバー、チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品、卵や豆腐などは、他の食材に比べるとトリプトファンを多く含んでいるため、セロトニンの分泌に役立てることができます。