当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。広告があるサイトなんだと知っていただければ幸いです。

消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています。もし問題のある表現がありましたら、問い合わせよりご連絡いただければ幸いです。

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

青魚苦手克服は大人と子供の違いがある?好きになる方法と料理レシピ

「青魚は体に良い」

ということはわかるけど「苦手だけど(健康のために)克服したい!」

実は、青魚の嫌いの克服には「大人と子供」各々アプローチを変えることで克服できます。

 

大人の場合・・・

青魚の味や食感に慣れてもらうことが重要です。まずは、骨抜きや水煮缶など、食べやすいものを選びましょう。また、さまざまな調理法・味付けで食べることで、青魚の新たな魅力を発見できます。

 

子供の場合・・・

青魚を身近に感じてもらうことが大切です。スーパーで旬の魚を見せたり、釣りや潮干狩りなどの体験をさせたりして、魚への興味を育みましょう。また、子供と一緒に魚料理を作ることで、魚を食べる楽しさを知ってもらうことができます。

この注意点を知っておかないと、年をとってからすごく後悔します。

「アマニ油やエゴマを代替えに」との考えもありますが、根本的には「魚を食べる習慣」を小さいうちに身につけさせることが、極端に言うと「親の役目」だと私は考えます。

 

私、アラフォーになり、ようやく健康に気を使うようになり、食生活を見直しています。

栄養価の高い青魚が体に良いことを知ることができましたが、青魚特有の”臭い”や”味”が苦手で、食卓から遠ざかっていました。

 

 

子供はもちろんのこと、大人の生活習慣病対策にも長い目で見て効果を発揮する食材、それが「青魚」です。

 

しかし・・・

脳や健康に良いのはわかるけど・・・

と、青魚が体に良いことはわかっても「青魚が苦手な人」も多いのではないでしょうか。

または、毎日食べるのは無理!という方も多いですよね。

 

青魚は体に良いだけでけでなく、食生活を豊かにし、物価高の中「お財布にも優しい」食材です。

数ヶ月の努力と試行錯誤の末、私は青魚を克服することができました。

今では青魚の料理がお気に入りで、健康的な食事の一部として楽しんでいます。

この経験から、自分の食生活を改善する決意と努力が、新たな食の楽しみを見つけるキッカケになったことを実感しています。

一部引用元:日本脂質栄養学会 オメガ3-食と健康に関する委員会「魚食を推進するには「食育」が重要」

 

本記事では、私が具体的に行ない、効果のあったことや青魚をおいしく簡単に作ることができるレシピをご紹介しています。

 

 

青魚の成分が良いのはわかってますか?できればすぐに摂取したいですか?

でも、臭いが苦手で・・・って思っているあなたには・・・

青魚の成分を効率よく摂取し楽してメタボ解消したい方はサプリメントで効果実証済み!

https://kurabe-taro.com/myprotein-omega3/

 

 

そもそも青魚(魚)が苦手な人の理由は?

魚が苦手な理由を6つ紹介します。

理由がわかれば、解決策も見つかります。

  1. 臭いや味:魚の特有の臭いや味が好みではない人が魚嫌いでは一番多い理由です。特に、青魚や脂の多い魚は、その嫌な風味が強く感じられることがあります。
  2. 食感:魚の食感が柔らかいことが多いですが、これが好みでない場合もあります。特に、骨や皮が含まれる場合、その食感が違うと感じることがあります。
  3. 小骨:魚には小さな骨が含まれており、これが食べる際に気になることがあります。魚の骨がのどに詰まる心配から、魚を避けることもあります。
  4. 経験不足:魚を適切に調理する方法を知らないと、まずい料理を食べる経験をし、次食べるときもまずいのでは?と不安を感じることがあります。トラウマから魚を避けることもあるでしょう。
  5. 文化的な要因:文化や習慣によって、魚を食べない習慣があったり、魚の調理方法に慣れていないことがあります。
  6. アレルギー:魚アレルギーを持つ人は、魚を摂取することが危険であるため、魚を避ける必要があります。

5.6.は克服以前の問題ですので、今回の記事では克服できません。

魚が苦手という人は、1〜4の理由のいずれか、あるいは複数が、理由として挙げられます。

魚は栄養価が高く、健康に良い食材であるため、新しい調理法や異なる魚の種類を試してみることで、魚を食べる方法を見つけることができます。

 

青魚嫌いを克服!大人に料理を出すときの“ひと工夫”

 

青魚の臭いを軽減する方法について、以下のアプローチがあります。

1〜4は臭いの原因を中和させたり、水分と一緒に外に出す方法です。

5.6は熱により臭いを飛ばすやり方です。

 

青魚の臭いの原因を中和など

1. 塩を振る: 魚に塩を振り、しばらく寝かせることで、うまみ成分が濃縮され、嫌な臭いの原因の「水分」が抜け臭いが和らぎます。

2. 酢水浸し: 青魚の臭いを減少させるために、酢水に浸す方法があります。酢はトリメチルアミン(悪臭の要素)の塩基性を中和し、臭いを軽減させます。

3. 味噌や醤油: タンパク質が魚臭い成分を吸着し、臭いを中和するので、青魚の調理には味噌や醤油が多用されます。

 

青魚の臭いを熱で飛ばす

4. 香味野菜: 生姜、にんにく、わさび、大根おろしなどの香りの強い野菜は、魚臭いを中和するのに役立ちます。

5. 煮込み料理: 青魚を煮ることで、臭いが軽減します。

6. フライ: 魚に衣をつけて揚げることで、生臭さが軽減されることがあります。

 

青魚の臭いを軽減するための下処理

さらに、青魚の臭いを軽減するために、以下の下処理も有効です。

1. 内臓、血合い、ヌメリを丁寧に取り除く。

2. 塩やお酒で臭いを抑える。

3. 霜降りを行う。

4. レモンや酢で臭いを取る。

5. ヨーグルトに漬ける。

6. 香味野菜と組み合わせる。

7. 魚に塩を振って、生臭い汁を出させ、冷水で洗う。

8. 魚を調理する前に冷たい水で洗う。

9. 魚を煮る際、生姜の皮を鍋に入れる。

10. お湯を魚にかける前に熱湯を沸かしておく。

 

青魚の臭いを調味の工夫

  • 魚にポン酢や柑橘類をかける。
  • 生姜、ごぼう、青ネギなどを薬味として加える。

 

青魚の臭いを調味料・味付けで軽減

調味料を活用した方法もあります。以下は、さまざまな味つけのアイデアです。

 

中華風の味つけ

  1. 蒸し器を使用して温めた魚に薬味をのせます。
  2.  山椒、甘味噌、豆板醤、ごま油を混ぜて中華風の味つけをします。
  3.  お酢を多めに使って魚の生臭さを軽減します。
    中心に、魚から発する嫌な生臭い匂いを和らげることに焦点を当てましょう。

 

洋風の味つけ

  1.  ひたひたのオリーブ油でトマトソースに漬け込み、匂いを取った後に加熱します。
  2.  オリーブ油とトマトソースの組み合わせも、魚の生臭さを取り除いてくれます。

 

つみれ料理でのひと工夫

  • イワシのつみれが苦手な場合:イワシ特に青魚の中でも臭みが気になることがあります。そこで、アジを使い、いわしではなく「アジのつみれ」を作ります。アジはいわしよりも臭いも軽減し食べやすいです。
  • つみれにする際に魚の分量を減らす:豆腐、生姜(すりおろしやチューブでも可)、ひき肉、刻んだ青じそを入れて、臭みを和らげるためにふんわりさを加えます。
  • あじ団子の活用法:お味噌汁、キムチ鍋、水炊きロールキャベツなどにも美味しく使えます(ロールキャベツの場合、キャベツでつみれを包みます)。
  • つみれを作るときのひと工夫:豆腐の分量とひき肉の分量を増やすと、魚の気にならなくなることがあります。実際、魚が含まれていることを忘れてしまうかもしれません。魚の形をお肉のように調理することを考えてみると、簡単に作ることができます。

 

毎日青魚の成分を効率よく摂取したい方はサプリメントが有用です!

https://kurabe-taro.com/myprotein-omega3/

 

手についた魚の生臭さを消す方法

手についた魚の生臭さを取り除くための手洗いの方法・アイテムについてご紹介します。

お肉の臭いにはあまり気にならないかもしれませんが、魚の臭いは手につくと結構気になりますよね。特に、お魚を触る際には厄介です。

まず、お魚に触る前に、手にぴったりフィットする使い捨て手袋を装着することをお勧めします。

 

使い捨て手袋を着けることが嫌な場合、他にも手についた魚の臭いを取り除く方法があります。

それは、ステンレスソープです。

ステンレスソープは、金属の塊が石鹸のような形をしています。一見、普通の金属の塊に見えますが、なぜか手についた嫌な臭いを和らげてくれるのです。この方法は、にんにくや玉ねぎの臭いにも効果的です。ぜひ試してみてください。

 

 

青魚の中で比較的食べやすい魚と加工品

青魚だけでなく魚料理全般で注意が必要なのは「骨」です。特に小骨の問題を緩和するために、小骨が気になりにくい魚を選ぶことが大切です。

サバは他の魚に比べて小骨が気になりにくいです。イワシとアジも適切に調理すれば食べやすくなります。

既製品をうまく使う手も有効です。

例えば、缶詰のものをうまく使うやり方です。サバ缶やツナ缶を料理に混ぜる方法が有効です。

もう一つ、お店で魚の団子を購入し、唐揚げ粉をまぶし揚げると、魚臭さが抜けて食べやすくなります。

特にイワシとアジは、小骨が気になる人にとって避けやすい魚です。そのため、骨を取り除いたものを購入すると、料理が簡単です。家族全員が魚料理を楽しめるように、魚の下ごしらえを減らす加工食品を選ぶこともおすすめです。

 

https://kurabe-taro.com/myprotein-omega3/

 

魚を子供に食べさせるためにする工夫

青魚は学校の給食でも提供されていることがあります。お子様が魚を食べやすくするための方法をご紹介します。

 

【南蛮漬け】
1. 青魚を小さな一口サイズに切り、小麦粉をまぶしてフライに調理します。
2. フライにした後、南蛮漬けなどのお酢ベースの調味料で味つけします。
3. 南蛮漬けにマヨネーズをかけても美味しいです。

 

【チャーハン】
鯖フレーク、鮭フレーク、シーチキンを使用してチャーハンを調理します。フレークとシーチキンには元々塩味があるので、追加の調味料は必要ありません。味が物足りない場合は少量の塩を加えてください。最後にスクランブルエッグをトッピングすると完成です。

 

【雑炊】
さばフレーク、鮭フレーク、シーチキンを使用して雑炊を作ります。熱いお湯に白ご飯を入れ、フレークまたはシーチキンを加え、事前に溶いておいた卵を回し入れます。

適度な塩とみじん切りのネギを加えて、出来上がりです。

お好みで刻んだのりをトッピングすると香りが良くなります。お子さんが骨を気にする場合、魚の骨が少ないものを選んでください。

 

タラの身はほぐしやすいですし、マグロの切り身も食べやすくフライにできます。

 

 

子供の頃からの「食育」により魚の消費が大幅に増加することも立証されてますので、子供には積極的に青魚を料理からでも触れさせたいものですね。

 

引用:日本脂質栄養学会 オメガ3-食と健康に関する委員会 魚食を推進するには「食育」が重要

 

毎日青魚の成分を効率よく摂取したい方はサプリメントも有用です!

https://kurabe-taro.com/myprotein-omega3/

 

青魚が苦手な大人におすすめの食べ方

青魚があまり好きでない方向けに、おすすめの食べ方とレシピをご紹介します。

食べやすいものを選ぶ:青魚の苦手な方は、骨や臭みが気になることがあります。骨抜きや水煮缶は、骨や臭みが少ないので、食べやすいでしょう。

また、切り身を買う際は、骨を注意深く取り除くことがおすすめです。

さまざまな調理法で工夫する:青魚は焼く、煮る、揚げるなど、さまざまな調理法で楽しむことができます。焼き魚は魚の旨味をしっかり味わえますし、煮魚は臭みが抑えられて食べやすいでしょう。揚げ物はサクサクとした食感が楽しめます。

調味料や薬味を活用:青魚の臭みや苦みを抑えるために、お好みの調味料や薬味を加えるのもおすすめです。醤油、味噌、塩こしょうなどのシンプルな味付けでも美味しく食べられます。大葉、レモン、わさびなどの薬味を加えると、より美味しく食べやすくなります。

 

青魚が苦手な子供におすすめの食べ方

旬の魚を見せる:子供が魚に興味を持つきっかけになるように、スーパーで旬の魚を見せてみましょう。釣りや潮干狩りなどの体験を通じて、魚に対する興味を育てることもできます。
子供と一緒に魚料理を作る:子供と一緒に魚料理を作ることで、魚を食べる楽しさを共有できます。また、子供が自分で作った魚料理は、より美味しく感じることがあります。

 

青魚が苦手を克服におすすめレシピ

青魚のムニエル:材料(2人分)

・青魚の切り身(サバやイワシなど) 2切れ
・片栗粉 適量
・パン粉 適量
・塩こしょう 適量
・サラダ油 適量

作り方

  1. 青魚の切り身を塩こしょうで下味をつける。
  2. 片栗粉をまぶす。
  3. パン粉をまぶす。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、3の魚を焼く。
  5. 両面をこんがりと焼いたら完成。

シンプルな味つけで、青魚の旨味を楽しめるレシピです。青魚の切り身に塩こしょうを振り、片栗粉とパン粉でコーティングし、サラダ油で焼きます。

 

青魚の煮魚:材料(2人分)

 

 

・青魚の切り身(サバやイワシなど) 2切れ
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ1

作り方

  1. 青魚の切り身を酒、醤油、みりん、砂糖で煮る。
  2. 煮汁が少し煮詰まったら完成。

青魚の唐揚げ臭みが抑えられて食べやすい煮魚のレシピです。青魚の切り身を酒、醤油、みりん、砂糖で煮ます。

 

青魚の唐揚げ:材料(2人分)

・青魚の切り身(サバやイワシなど) 2切れ
・小麦粉 適量
・卵 1個
・パン粉 適量
・揚げ油 適量

作り方

  1. 青魚の切り身を小麦粉でまぶす。
  2. 卵を溶き、1の魚を衣につける。
  3. パン粉をまぶす。
  4. 揚げ油を170℃に熱し、3の魚を揚げる。
  5. 表面がきつね色になったら完成。

サクサクの食感が楽しい青魚の唐揚げのレシピです。青魚の切り身を小麦粉、卵、パン粉で衣付けして揚げます。

これらの食べ方やレシピを参考に、青魚が苦手な方でも楽しく食べられる方法を見つけてみてください。

 

青魚や魚嫌い魚苦手を克服する方法と子供への影響(まとめ)

大人が青魚を避ける態度を示すと、子供たちもそれを真似して魚を避ける傾向になります(子供は良くも悪くも大人の真似をします)。

魚を嫌う理由は、骨を取る手間や生臭さ、食べられない部分が多いことなど、さまざまです。

そのため、魚嫌いの人にとっては、魚を食べることにためらいを感じることがあるでしょう。また、魚の見た目もそのままの状態が多いため、さらに敬遠されることがあります。

しかし、秋は青魚が美味しい季節で、さんまの塩焼きなど、美味しい青魚料理が楽しめます。実際、白身魚よりも青魚の方が経済的です。では、どのようにすれば夫が青魚を食べる意欲を引き出すことができるでしょうか?以下に、試していただける方法をまとめてみました。

青魚が食卓に並び、その結果、イライラが減少し、健康にプラスの影響が期待できるでしょう。

 

毎日青魚の成分を効率よく摂取したい方はサプリメントも有用です!

https://kurabe-taro.com/myprotein-omega3/